ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2011.07.14 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.14 Thursday

番外編 (その1)

現地からレポートを送る暇もなく帰国

帰国後は時差ボケ・・・
ようやく人間らしい生活が送れるようになりました

残った写真たちとBlogをまとめて行きます
題して「番外編」その1  あっ、その2があるかどうかは不明・・・

シリーズ後半にあちらこちらで見かける「必勝」ハチマキ
大人気でした
でも文字を上下逆に付けている選手もいたりして・・・



スロープで着艇の時に手伝う少年たち
現地の子供なのはわかりますが、どこの誰かは不明



最終レース後、なぜかビキニで着艇をする少女たち



毎日、ホテルからハーバーまでボートで送ってくれたオジサン
着岸がちょーーうまい!
名前は・・・・知りません・・・



今大会、出国前のエントリーからお世話になった
ポルトガルのタニヤさん



ホテルの中庭で反省会
あまり反省しているようには見えませんが・・・



ホテルのドアをこじ開けて「ハチマキくれよ〜」って来るノルウェーの選手たち
さらにはベランダからも「ハチマキくれぇ〜」って大人気です



大会期間中、海でも陸でもKOTAの後ろを付いてきたオーストリアのオリバー君(12歳)
そっけない態度でいると、一人でイジケます(笑)



閉会式です
TEAM JAPAN 8名勢揃い




JAPANチームのTシャツも大人気でした
色々な国の選手とシャツを交換しました
このフィンランドの選手はかなりお気に入りらしく
ホテルでの食事でも着ていましたし
閉会式なのに自国のシャツではなくJAPANのシャツを着ていました
大丈夫??



閉会式では女子優勝したイタリアの選手のセールに皆でサインをしました



プールではOPを浮かべ遊びます



マイコさん、ほかのチームのコーチと楽しそうですね



男子優勝のスペイン ルイス君
とってもカワイイ選手でしたよ〜









スライドショー(VER2)も完成しました
Blogもほぼ完結です
WEB masterの私の仕事もこれで終わりかな・・・

このHP、期限はないので次のNTができるまでこのまま残っているでしょう
約3か月、楽しませてもらいました

少しでも皆さんへ情報が展開できればいいと思い頑張りました
そしてこれを見たジュニアセーラーが
「いいな〜私も行きたいな〜」って思ってもらえるキッカケになってもらえれば
最高に嬉しいです


この大会を通じて私が一つ言えること
「私、パソコンが上手になりました〜〜」
ちょこっとBlogをやった程度で
HPなど携わったことのない私が・・・

お蔭で先日の会社の会議でのプレゼンテーションが
とってもいい感じで大好評でした。
これは間違いなく、このHPのおかげです(笑)


さて、冒頭にもありますように「番外編その1」ですから
気が向いたら「その2」があるかも!!

では・・・



2011.07.10 Sunday

大会終了


まだ最終日のレポートが届きませんので
順番が前後してしまいます

大会が終了しました
6日間 12レースが予定通り終了です

慣れない環境の中での戦い
コースも国内のレースに比べるとかなり長い設定でした

選手も色々な思いがあるでしょう
今回の経験を糧にしてもっともっと大きく成長してほしいです




さて、トップページに総集編スライドショーを作りました
注目は写真はもちろんですが、歌です!
「かりゆし58」というアーティストの「オワリハジマリ」
私の大好きな歌です

<歌詞の抜粋>
もうすぐ今日が終わる
やり残したことはないか?
親友と語り合ったかい?
燃えるような恋をしたかい?
一生忘れないような出来事に出合えたかい?
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい?

まさにこの選手たちに贈りたいメッセージです
スライドショーを作りながら、なぜか涙が出てきました
私はただの留守番だったですけどね(笑)


かけがえのない時間を胸に刻み込んだか〜〜〜ぃい!?


気を付けて帰っておいでや〜

2011.07.08 Friday

レース4日目

12レース中9レース消化

いよいよ終盤戦です
それぞれの目標へ向かって頑張ってください

マイココーチ、Wヨシエさん、恵さんもお疲れでしょうが
あと少し、頑張ってください

ここ数日はブレーカーが飛ばないのか、電波がいいところを
探り当てたのか、回線好調です
ハーバーにいるママさんからはドンドン、データが飛んできます
バッチリとスカイプもイケてます!

私は毎日、このBlogをUpしてベットへ入ります
2週間限定ですから、さほど苦にはなりませんが
プロのジャーナリストはこれを毎日するわけでしょ?
私には無理です(笑)

しかし毎日すごいアクセス数ですから、半端なことは出来ません!
あと少し頑張ります

Team album もちょっとUpしてます

***********************************************************

Reported by Megumi

本日レース4日目
日に日に黒くなる子供達。
群を抜けてこの方、KUREHA

彼女は日焼け止めを一切塗らないポリシーがあります。
朝食時に焦げたクロワッサンとどっちが黒い?なんて・・・
帰ったらママがビックリするよ〜


 

いよいよ後半戦に入りました。
成績表の前には人だかり!
しかも、選手より前で必死にかじりついてるのは大人たちっ!
これは万国共通なんですね・・・


 
本日は2レースの予定。
今朝はいつもと風向が違って北西からの風のよう。
どんなレース展開になるのか?
泣いても笑っても残り5レース。
悔いのないように戦ってもらいたいですね。



 
予定通り、選手たちが順番に出艇していきました。




いつもなら、日影で過ごしているJapan母たちですが
今日はいつものランチも飽きてきた頃なので(すみません、麻衣子さん・・)
外ランチにでも行こうか〜と盛り上がり、近くのレストランへ出かけました。



ハーバーの目の前ですが、洒落ててメニューには
英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語・・・・・
いろいろなメニュー表記がされています。

そう、ここtaviraはリゾート地。
そして、ここEuropeは夏休み!
なのでtavira islandに渡る人を乗せるフェリーはいつも満員。
眺めの良いテーブルをゲットして、ご満悦の母たちです!

そして、少しばかりポルトガルのワインも一緒に!
海で頑張っている麻衣子さん、選手たち、すまぬっ!!





 
食事も終わり、デザートのプリンを食べているとメール着信。
『KOTAのGPSの信号マリーナから出てるけど、何かあったの?』
 
「。。。。。。。。。。。」
 
え゛〜っ、「行ってきます!」って手を振って元気に出て行ったけど・・・
もしや?と嫌な予感がしてレストランを飛び出て探しにいきました。
 
ありました・・・
GPSだけ・・・ハーバーに、ぽっつーんとお留守番・・・
 
やらかしました
出場選手230 艇中、KOTAだけです。
 
田中母の話では、去年のEurope選手権でもそんな子はいなかったと・・・
凹みました、私・・・

いやっ、待てよ!
わざとじゃないの???
そうかも〜!?


 






2011.07.08 Friday

RACE9 までの成績

なかなか成績がUPされません。

ここが早かったです。

Result

マイコサンのレポートにもありますが
昨日はコタのトラッキング事件が・・・
さー始まったと思い、トラッキングをチェックしていると
JPN3119だけ、なぜかハーバーでキャッチ

通信エラーだろうな・・・って思っていたけど
220艇いながらコタだけ?? 考えにくい
おまけに微妙にハーバー内で動いているし・・・
こりゃ、病気か怪我で出艇してないな・・・

と思ったら現地よりスカイプ起動!
ママさんから連絡がきて、アッサリ一言
「あっコタね、GPSを忘れて行ったわ。ここのカバンの中にあるのよ」

あ、あ、あ、あ・・・アホじゃ・・・
それって失格じゃないの???



大阪の田中家ではマンゾーさんとコウキはトラッキング見ながら
こんな会話をしているそうです。
間違いなく漫才です(笑)


**************************************************

昨夜は航輝に言われて、二人でトラッキングをうっかり?見てしまいました
エリと美紗樹のR3だけでしたが
美紗樹のコース取りに対する航輝の突っ込みが面白かったのでの一部をご紹介

スタート
「こんなスタートありえん!」
「GPSをスタンにおいて、スタート後にバウに持っていっとるんちゃうか?」
「でないと、こんなに勝っていくはずがない!」

コース
「左、右と決めたなら、そっち側で勝負せんかー!」
「真中の展開に持って行くのはプランがない証拠!わかっとらん!」
「きっとこいつがタックしたら、美紗樹もタックするで、ほら!」
「自分から先にタックするか、そのまま行かんかー!ポリシーがないんやぁ!」

フィニッシュ
「フィニッシュで相手の右をキープせんかー!」
「相手に右を取らすとはわかっとん!あれは相手がミスったからや」
「ほんまやったら負けとる」などなど・・・

おまけコメント
ポーランド、スウェーデンなど北欧系の上位のセールナンバーを指して
「こいつきっと可愛いに違いない、俺、応援する!」
と言って画像がないか探し出しました。アホですわ(笑)

******************************************************


ここまでの成績

女子(95艇)
ミサキ 13-15-2-15-10-26-13-11-OCS   総合24位
エリ   30-24-OCS-19-33-27-26-30-16  総合54位
クレハ  34-39-41-41-37-38-19-43-41   総合87位

男子(130艇)
コタ   55-48-11-20-23-39-41-9-39    総合61位

残すところあと2日で3レース
頑張って!!!

2011.07.07 Thursday

Race 3

本日3レースの予定です。
今日のミーティングで警告があったそう。

『自分のディビション以外での出艇は抗議の対象となる』
そっか、あれはEuropeスタイルではなかったんですね・・・
 
本日はどのディビジョンも平和に出艇してました。
 
海でのreportはmaiko’s reportでお楽しみください!
 
陸ではチーム関係者が待機しています。
barで飲みながら待つ人。





備え付けのPCでトラッキングをガンミしてる人。




バーコラもどきのようなテントの下で涼んでる人。
(Japan母たちはたいがいこちら!)



選手のお昼はサンドイッチ、果物、ジュース、チョコレートバー
おかず(不思議な揚げ物?)ですが
待機組のお昼はブッフェ形式でデザートのケーキ付。
リッチな感じです。
麻衣子さん、すみませ〜ん。



今日もいい写真がありましたよ









部屋では一応反省会・・・

2011.07.06 Wednesday

レース1日目、2日目

一挙にメールが入ってきました。
こちらは日本は22:00
現地は14:00で3日目の1レース目が始まりました。

私はビール片手にBlogを更新しつつ、同時にTrackingで
リアルタイムでレースはチェック!
更にはスカイプでヨット仲間とTrackingをチェックしながらレースの講評をしています。
更にはフィニッシュと同時に、数名の方から「最後惜しかったですね〜」なんてメールで
コメントが来たりします。

いや〜こんなにセーリングがデジタル化されるなんて
アメリカズカップだけかと思ったら
こんな身近になっているんですよね

***********************************************************

初日
 
本日午後一時スタート
ゆっくり準備できますが、日本のレースに
慣れている初参加者はなんだかペースがつかめません。
「ホントにレースやるの?」って感じ。
 
出艇前は上から下まで忘れ物チェック!
声を出して、指をさして「よしっ!」
 
出艇はディビジョンごとですが、ここでも順番抜かし・・・
男子が先スタートでフラッグも上がってるのに
出口には出艇待ちの女子の列が・・・
誰か、男子を出してあげてぇ〜

マリーナ内は一般スペースと関係者スペースに分かれています。
ちゃんとゲートにcrewが立ってチェックしていますよ。
その分、船や持ち物など置いておいても安心できます。
 
現地では通信状況があまりよくなく、
遮断されることもしばしば・・・
大概はブーレーカーが飛ぶみたいですが
それがしょっちゅう・・・
誰か、ブレーカーの場所を教えてください!
 
なのでトラッキングも現地の方が情報が遅く、
夜な夜なPCとにらめっこしている父たちからの
メールで知らされることも多々。
 
本日のレース結果
MISAKI  13−15
ERI     30−24
KUREHA 34−39
KOTA   55−48
 
帰ってからのミーティング
反省しまくりです。
 
 
二日目
 
昨日の反省をいかし、今日は気持ちを新たにがんばりましょう
本日女子が先、男子が後。
出艇までは思い思いに過ごします。
 
MISAKI2位回航の知らせがMAIKOコーチから入りました。
テンションが上がります!
この日、2位フィニッシュ

2日目 終了時点

(女子95艇)
ミサキ 13−15−2−15   総合14位
エリ   30−24−OCS−19 総合65位
クレハ 34−39−41−41  総合85位

(男子130艇)
コタ  55−48−12−20   総合68位

大会側でいい写真をたくさん撮ってくれています
膨大な写真から田中満さん(まんぞーさん)とコウキが
チョイスをしてくれました

















ちなみに最後の写真
コタはマークに刺さっています(笑)
上側のBRAの選手が手を上げて「当たったぞー」って言っていると
思います(笑)




↓から写真見れます↓

official gallery 1
official gallery 2
2011.07.06 Wednesday

7/3 プレクティスレース&オープニングセレモニー

これを投稿するころ、すでに3日目のレースがスタートしようとしています

ちょっと遅れましたがプラクティス&オープニングセレモニーの
レポートです。

*****************************************************

午後からプラクティスレースを控え
午前中は計測を受ける国、ゆっくりとくつろぐ国
さまざまな過ごし方をしました。

Japanチームは昨日計測を終えてたので
早々に準備を終え、ゆっくりしてました。
が、なんせ野ざらし・・・
日影を探すのも一苦労デス。
ちょっとの陰に身を寄せ合います。


Japanチームは当初トルコとボートをシェアする予定でしたが
スェーデンとシェアすることになりました。
仲良くなれるといいですね〜
 
いよいよ出艇。
みんな我先に出ようと順番なんて守りません。
お行儀のよいJapanチームは圧倒され
特に初参加の三人は入る隙間もなく、
出来た隙間にはまた入られ・・・
どんどん抜かされていきます。



遅れつつ、何とか出艇完了。
疲れました・・・



海上でのことはMaiko's reportをチェック!
 
この日、レースが終わって海から上がったのが16:30
片づけてハーバーを出たのが17:00
17:30にはオープニングセレモニーの送迎バスが来ます。
いそげ〜!
シャワーも浴びずにバスへ乗り込みます。
こじんまりとしたバスを選んで乗りました。
後で判明したんですが、どうやらVIP車だったようです。
重鎮な方々とご一緒でしたが、知らぬが仏。
ばか騒ぎをしてました・・・
 
現地に到着してパレードを待ちます。
それぞれのユニフォーム、お国柄が出てます。
 
ここでもずいぶんラフな感じで、いつ始まるのやら・・・・・
だいぶ待ちくたびれた頃、ドラムの音が聞こえて、先頭が橋(ローマンブリッジを
渡りはじめたら大歓声!
鳥肌がたちました!
それぞれの国が母国の国旗を掲げ、行進していきます。



とても誇らしいです。
橋の両端には大勢の観客が応援してくれます。
そんな中「がんばってぇ〜!」と聞こえました。
振り向くと日本人の女性の方の熱い声援でした。
観光なのか、移住されているのかわかりませんが、
異国の地で、日本語での応援がとても心にしみてありがたかったです。
 
広場に着くと一国一国が順番に紹介されていきます。
パフォーマンスをする国もありましたが
残念ながらJapanは・・・



 
役員の方のご挨拶が終わると、
余興で大道芸が始まり、選手たちも釘づけでした。
何度か失敗される方でしたが、みんな楽しみました。



 
日も暮れ始め、ポルトガルの夕日がきれいに古い街並みを照らして
一段ときれいでした。

私たちJapanチームは海を望むリゾートホテルに滞在していて
周りは塩田だらけ。

コンビニもスーパーも何もありません。
いつもホテルとハーバーの往復です・・・

町からも離れているので、この日初めてTAVIRAの街並みを
見ることができたのです。





明日からはレース開始で、もしかしたらもう来られないかも・・・
みなさんっ、しっかり目に焼き付けてください!!

2011.07.06 Wednesday

Race 1日目

ネット環境がイマイチ安定なようです

とりあえず写真を受信できましたのでアルバムにUpしております
ご覧ください

Tracking 見ましたか?

ボートスピード、VMG、ランキングまでリアルタイムで出ますから
ある意味海の上よりレースがわかります。
回線速度が遅いと見れないですねど・・・

レポートが届き次第、UPします!

2011.07.03 Sunday

DAY 3

どうやら現地でのWEB環境に慣れたのでしょう
ドンドン、データが飛んできます
時差を無視したメール攻撃に
こちらは寝れません(笑)

DAY2 と DAY3  連続してUPです

WebMaster

********************************************************** 

Reported by Megumi

今日も朝ゆっくりペースで8時半食事、ひと泳ぎして11時出発
今日も渡し船で対岸へ



風があります
早々に艤装をして練習!のはずが、コーチボートが無い
麻衣子さんが堪能な英語でcrewと交渉してくれてますが
ノラリクラリと「one minutes」と言ってもう30分以上待たされています
さすが南国です

風もあってもったいないので先に子供達だけで出艇し練習




その間も麻衣子さんはひたすら交渉・・・
ありがたいです

どうやらシェアする予定のモナコチームが来てないとか
ガソリンが無いとか、理由はいろいろらしい・・・
そんなもん、来てないのはしょーがないだろ!

出艇して30〜40分たった頃、突然着艇
「トラブルか?」と思ったら
「潮がきつくて出られへん!」とお怒りモード

どうやら入り江からの出口から出られなかったみたい・・・
そういえば、前日の出艇の時に
「鳴門海峡みたいだね〜」と言ってたすごい潮の渦がありました
曳航してたので難なく通過しましたが
コーチボートの無い選手たちには手ごわかったみたい
なんで、ついでにお昼タイム

今回はバースをはじめ日影がなく、野ざらしです
日差しもきついのでとりあえずセール収納テントの中で食事
明日からはどうしたらいいのだろう・・・・・

 
食事後、選手は再び出艇
まだコーチボートの件は・・・
さすが南国です
再び交渉に!
今度は何が良かったのかok!
ザッツ南国!
麻衣子さんも急いで出艇
ありがとうございます

 
ネット環境がすこぶる悪いので母たちストレス
ハーバーの備え付けのpcで検索してみようと覗いてる時に
田中母の携帯に着信

どうやらコーチボートのエンジンが止まったらしい
田中母がすぐさまcrewに説明して一緒に出艇

何とかなおしてもらって田中母帰着
経験豊富な方がご一緒でホントありがたい
 
この日は4時半頃帰着





帰りの船を待つ間
じっとはしていません





一人、二人と海に落ちて(わざと?)いきます



桟橋に渡しているパイプを渡ろうと
盛り上がっているところ、スタッフに怒られました・・・



それでもパイプを渡らなきゃいいんでしょと
飛び込む人もいれば、投げられる人もいて懲りてません



「早く迎えに来てくれ」と願いつつ、やはり南国!
たっぷり待たされました
 
ポルトガルは夜9時頃まで明るいので、帰っても
にぎやかしいのは続き、プールで泳いだり
シーソーで遊んだり・・・
(これでも中二と中三です)


いよいよ明日はプラクティスレースとオープニングセレモニーです

*************************************************************

ダブル ヨシエさんからのレポートもまってま〜す(笑)

2011.07.03 Sunday

DAY 2

現地からBlogをUPしたいところですが
WEB環境がイマイチの上に、有料だそうで
現地からまとめて送られてくる写真とレポートを日本からUPです
ですから若干のタイムラグがあります
webmaster

*********************************************

Megumi report

一日目
 
めちゃめちゃ長い間座ったままで寝てました・・・
 
関空を出発してから20時間強。
現地時間、30日のPM23:30無事にファロ空港に着きました。
途中ヘルシンキ→リスボン→国内線でファロ

どこへ行ってもチームJapan(Europe)はにぎやか元気です。
そして平日のフィンランド行なのに、人が多いのにまずビックリ。
みなさんリッチなんですよ。

そしてJapanを背中に背負っているのでよく話しかけられます。
偶然にも関西の大学のヨット部で知り合いご結婚されたという(どこかの夫婦もですよね!)
息子さん&お嫁さんを持つご夫婦と知り合いました。

ひとしきりお話をして別れるときには「がんばって!」と激励されました。
ありがたいです。
 
ヘルシンキではお約束、ムーミンと一緒に記念写真。


一路ポルトガル(リスボン)へ
麻衣子さんのネイルはポルトガル仕様。
いつもおしゃれです。



リスボンでは国際線に乗り換えてファロへ。
空港からは送迎をお願いしていたので、そのままホテルに直行。
 
30分くらい走るバスの中でも子供たちは元気。
歌を歌っていました。

真っ暗な中でもリゾート感がたっぷり漂っている四つ星ホテルです。
私たちは離れの3部屋を借りることができました。



プールもあって選手たち大はしゃぎ。



 
二日目
 
あさゆっくり寝て、ホテルの朝食を食べに行きました。
あさからガツガツの女子に比べて、少し無口でおとなしい男子1名。
完全にパワーにノマレテマス・・・

ゆっくりハーバーに出発。
ホテルの目の前がハーバーのため、渡し船ならぬ
渡しボートで送迎してくれます。



ここはEuropeの大きな大会をしていると聞いていましたが
以外にもこじんまりとしてて驚きました。
各国のバースは駐車場をしきった一角です。



砂ぼこりの中、新艇の受け渡しと擬装の開始。
艇はすべてblueblueの新艇!
もちろんマストブームまですべてが新品です。

そんな中、コタのセールのヤシマステッカーが指摘をうけ
急きょはがすことに・・・
クラスルール違反ではありませんが大会からの広告規制が厳しく
ダメでした・・・
いや・・・ヤシマさん悲しむだろうな・・・



夕方に計測の予約を取り、前倒しで計測開始



計測が終われば海上練習開始です
本日は、母たちも全員コーチボートに乗せてもらいました。
ポルトガルの避暑地タビラ島を望みながらの練習。



そして軽い昼食。





しかし、肝心の風が吹きません・・・
選手もダラダラムード・・・

そんな時、ニュージーランジチームから声をかけていただき
一緒にスタート練習をしました。

ニュージーランドは3日前に現地入りしてるけど
風はいまいち。特に本日は一番無いとのこと。
いまいち練習に乗れない日本チーム。
ニュージーランドチームに完敗です。
 
夕方早々に計測を終え、ホテルでひと泳ぎ。
全快の女子に男子ひとり。
いまいちまだペースがつかめずにいます。

夕方もホテルのレストランにてバイキング。
種類も豊富で、味も日本人好み。
なかなか食事には恵まれています。
食事後、選手はすぐに寝てました。
やはり体は疲れているようですね。
 
その後、大人たちはネットに苦戦。
電波が悪いうえに、30分2ユーロ。
全然はかどりません
困った・・・

明日はトライアルレースに開会式です


アルバムへその他の写真があります。
ご覧ください。
Powered by
30days Album
PR