ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Race 1日目 | main | レース1日目、2日目 >>
2011.07.14 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.06 Wednesday

7/3 プレクティスレース&オープニングセレモニー

これを投稿するころ、すでに3日目のレースがスタートしようとしています

ちょっと遅れましたがプラクティス&オープニングセレモニーの
レポートです。

*****************************************************

午後からプラクティスレースを控え
午前中は計測を受ける国、ゆっくりとくつろぐ国
さまざまな過ごし方をしました。

Japanチームは昨日計測を終えてたので
早々に準備を終え、ゆっくりしてました。
が、なんせ野ざらし・・・
日影を探すのも一苦労デス。
ちょっとの陰に身を寄せ合います。


Japanチームは当初トルコとボートをシェアする予定でしたが
スェーデンとシェアすることになりました。
仲良くなれるといいですね〜
 
いよいよ出艇。
みんな我先に出ようと順番なんて守りません。
お行儀のよいJapanチームは圧倒され
特に初参加の三人は入る隙間もなく、
出来た隙間にはまた入られ・・・
どんどん抜かされていきます。



遅れつつ、何とか出艇完了。
疲れました・・・



海上でのことはMaiko's reportをチェック!
 
この日、レースが終わって海から上がったのが16:30
片づけてハーバーを出たのが17:00
17:30にはオープニングセレモニーの送迎バスが来ます。
いそげ〜!
シャワーも浴びずにバスへ乗り込みます。
こじんまりとしたバスを選んで乗りました。
後で判明したんですが、どうやらVIP車だったようです。
重鎮な方々とご一緒でしたが、知らぬが仏。
ばか騒ぎをしてました・・・
 
現地に到着してパレードを待ちます。
それぞれのユニフォーム、お国柄が出てます。
 
ここでもずいぶんラフな感じで、いつ始まるのやら・・・・・
だいぶ待ちくたびれた頃、ドラムの音が聞こえて、先頭が橋(ローマンブリッジを
渡りはじめたら大歓声!
鳥肌がたちました!
それぞれの国が母国の国旗を掲げ、行進していきます。



とても誇らしいです。
橋の両端には大勢の観客が応援してくれます。
そんな中「がんばってぇ〜!」と聞こえました。
振り向くと日本人の女性の方の熱い声援でした。
観光なのか、移住されているのかわかりませんが、
異国の地で、日本語での応援がとても心にしみてありがたかったです。
 
広場に着くと一国一国が順番に紹介されていきます。
パフォーマンスをする国もありましたが
残念ながらJapanは・・・



 
役員の方のご挨拶が終わると、
余興で大道芸が始まり、選手たちも釘づけでした。
何度か失敗される方でしたが、みんな楽しみました。



 
日も暮れ始め、ポルトガルの夕日がきれいに古い街並みを照らして
一段ときれいでした。

私たちJapanチームは海を望むリゾートホテルに滞在していて
周りは塩田だらけ。

コンビニもスーパーも何もありません。
いつもホテルとハーバーの往復です・・・

町からも離れているので、この日初めてTAVIRAの街並みを
見ることができたのです。





明日からはレース開始で、もしかしたらもう来られないかも・・・
みなさんっ、しっかり目に焼き付けてください!!

2011.07.14 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR