ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1日目 | main | DAY 3 >>
2011.07.14 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.07.03 Sunday

DAY 2

現地からBlogをUPしたいところですが
WEB環境がイマイチの上に、有料だそうで
現地からまとめて送られてくる写真とレポートを日本からUPです
ですから若干のタイムラグがあります
webmaster

*********************************************

Megumi report

一日目
 
めちゃめちゃ長い間座ったままで寝てました・・・
 
関空を出発してから20時間強。
現地時間、30日のPM23:30無事にファロ空港に着きました。
途中ヘルシンキ→リスボン→国内線でファロ

どこへ行ってもチームJapan(Europe)はにぎやか元気です。
そして平日のフィンランド行なのに、人が多いのにまずビックリ。
みなさんリッチなんですよ。

そしてJapanを背中に背負っているのでよく話しかけられます。
偶然にも関西の大学のヨット部で知り合いご結婚されたという(どこかの夫婦もですよね!)
息子さん&お嫁さんを持つご夫婦と知り合いました。

ひとしきりお話をして別れるときには「がんばって!」と激励されました。
ありがたいです。
 
ヘルシンキではお約束、ムーミンと一緒に記念写真。


一路ポルトガル(リスボン)へ
麻衣子さんのネイルはポルトガル仕様。
いつもおしゃれです。



リスボンでは国際線に乗り換えてファロへ。
空港からは送迎をお願いしていたので、そのままホテルに直行。
 
30分くらい走るバスの中でも子供たちは元気。
歌を歌っていました。

真っ暗な中でもリゾート感がたっぷり漂っている四つ星ホテルです。
私たちは離れの3部屋を借りることができました。



プールもあって選手たち大はしゃぎ。



 
二日目
 
あさゆっくり寝て、ホテルの朝食を食べに行きました。
あさからガツガツの女子に比べて、少し無口でおとなしい男子1名。
完全にパワーにノマレテマス・・・

ゆっくりハーバーに出発。
ホテルの目の前がハーバーのため、渡し船ならぬ
渡しボートで送迎してくれます。



ここはEuropeの大きな大会をしていると聞いていましたが
以外にもこじんまりとしてて驚きました。
各国のバースは駐車場をしきった一角です。



砂ぼこりの中、新艇の受け渡しと擬装の開始。
艇はすべてblueblueの新艇!
もちろんマストブームまですべてが新品です。

そんな中、コタのセールのヤシマステッカーが指摘をうけ
急きょはがすことに・・・
クラスルール違反ではありませんが大会からの広告規制が厳しく
ダメでした・・・
いや・・・ヤシマさん悲しむだろうな・・・



夕方に計測の予約を取り、前倒しで計測開始



計測が終われば海上練習開始です
本日は、母たちも全員コーチボートに乗せてもらいました。
ポルトガルの避暑地タビラ島を望みながらの練習。



そして軽い昼食。





しかし、肝心の風が吹きません・・・
選手もダラダラムード・・・

そんな時、ニュージーランジチームから声をかけていただき
一緒にスタート練習をしました。

ニュージーランドは3日前に現地入りしてるけど
風はいまいち。特に本日は一番無いとのこと。
いまいち練習に乗れない日本チーム。
ニュージーランドチームに完敗です。
 
夕方早々に計測を終え、ホテルでひと泳ぎ。
全快の女子に男子ひとり。
いまいちまだペースがつかめずにいます。

夕方もホテルのレストランにてバイキング。
種類も豊富で、味も日本人好み。
なかなか食事には恵まれています。
食事後、選手はすぐに寝てました。
やはり体は疲れているようですね。
 
その後、大人たちはネットに苦戦。
電波が悪いうえに、30分2ユーロ。
全然はかどりません
困った・・・

明日はトライアルレースに開会式です


アルバムへその他の写真があります。
ご覧ください。
2011.07.14 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR